信頼関係を築くため見積もり内容を他社に見せるのはやめましょう

見積もり内容は他社に見せるのはマナー違反

見積もり内容は他社に見せるのはマナー違反

 

リフォームを行うときは、作業を行ってくれる施工業者に対して即座に依頼するのではなく、まずは見積もりを取ることが一般的です。

 

 

リフォーム見積の関するポイント

 

  • リフォームの工事期間を明確にしてから希望を伝えること
  • リフォーム工事を行うにあたって譲れないこだわりを伝えること
  • リフォーム見積もりは一社のみではなく数社から取ること
  • 見積もり内容を他社に見せない

 

リフォーム見積の関するポイントとしてはリフォームの工事期間を明確にしてから希望を伝えることや、リフォーム工事を行うにあたって譲れないこだわりを伝えることなどがあります。

 

そして、リフォーム見積もりは一社のみではなく数社から取ることもポイントの一つです。
一社のみから見積もりを取っても、その価格や工事期間が適正であるかどうかが分からないのです。そのため、必ず数社から見積もりを取って比較することが大切です。

 

 

見積もり内容を他社に見せることはマナー違反

 

しかし、その見積もり内容を他社に見せることはマナー違反です。
リフォームの施工業者はそれぞれの会社が独自にコストダウンのための工夫を行っており、他社に見積もり内容を見せるとその工夫が流出してしまう可能性があるのです。

 

また、他社の見積もりを見せられた会社としても、自社が出した見積もりをほかの会社に見せてしまうのではないかという疑念が生まれ、信頼関係を築けなくなってしまいます。

 

見積もりを他社に見せることはマナー違反であることを自覚し、見積もり内容の比較はあくまで自分で行うことを心がけましょう。