どのようなリフォームをしたいのか:必要と不要の判断・工事内容確認

どのようなリフォームをしたいのか:必要と不要の判断・工事内容確認

リフォームを行うときに大切なことは、どのようなリフォームをしたいのかというポイントを明確にすることです。
闇雲に新しい壁紙や最新式のキッチンに交換したいという希望を出すのではなく、なぜ新しい壁紙が欲しくて最新式のキッチンに交換したいのかを考えることが満足度の高いリフォームを行うために大切なことです。
 
 

リフォームの希望がはっきりすればポイントを絞った工事が可能

どのようなリフォームをしたいのかが明確にできれば、ポイントを絞った工事が可能になります。
不要な工事を避けられるだけでなく、予算に合わせて必要な部分に重点的に投資することができるのです。
もしポイントを絞れなければ、全体的にリフォームを行うもののこれといった特徴が無い無難な仕上がりに終わってしまいます。
 
 

複数の業者から見積もりを取ろう

また、リフォーム工事の前には、施工業者から見積もりを取ることが必要です。
リフォームにかかる費用や工事期間を知ることに加え、費用の内訳や作業工程が分かります。
また、施工業者はそれぞれに得意分野があり、独自にコストダウンのための工夫を行っているため複数の業者から見積もりを取ればより安い費用でリフォームを行えるのです。
自分が求めていることをしっかりと把握し、施工業者に伝えることがリフォーム見積の関するポイントなのです。
 
 

必要と不要をしっかりと判断

必要と不要をしっかりと判断
リフォームをする時には欲が出てしまうものではないでしょうか。
例えばキッチンをきれいにするのなら床や壁紙なども一新したくなってしまうものですし、まとめて工事をしてもらった方が楽です。
 
 

工事個所が多くなるとそれだけコストがかかる

ただ、工事個所が多くなるとそれだけコストもかかってしまいます。
ですから予算オーバーになってしまうこともあるものです。
無理に工事を頼むのも良くないと言えますが、そこでコストダウンのための工夫として優先順位をつけて考えてみるのがおすすめです。
 
 

必要と不要をしっかりと判断すること

重要ではないものについては無理に今やる必要もなく、先送りをしてもさほど問題はなかったりします。
大事なのは本当にリフォームをしたいところをどうにかすることであり、余計な部分に関して費用をかけると支払いに苦労することもありますので、必要と不要をしっかりと判断することが大切です。
 
 

まとめて工事した方がリーズナブルになることがある

ただ工事内容によってはまとめてやってしまった方がリーズナブルになることがあるのも事実。
同じスペースへの工事ならば割引になったりすることもありますので、一概にまとめてやるのが良くないとは言えない部分もあるのです。
だからといって一気に頼むと負担増にもつながりますから冷静に判断する考え方が必要ですし、明確な基準を持ってしっかりと線引きをしましょう。
 
 

「ついでに」の誘惑に惑わされない

「ついでに」の誘惑に惑わされない
「ついでに」とか、「この際だから」ということで、予定外であったことにまで波及させてしまうと、全体的には当初予算の3割増しとなってしまうというようなことが、まま起こります。
だからこそ、そこに惑わされないで、コストダウンのための工夫をしっかりとしなくてはならないのです。

リフォーム業者の心理

まず、大きな流れで把握しておくことは、どのようなことでの当初見積もりの金額よりも下げることはしたくないという心理が、引き受ける業者などには働きます。
家の改築などで建設業者が見積もりを提出しますが、何かの関係で工程や品物を省略してもいいということになったとき、その分を差し引いて総額を下げることよりも、その分を他に回して有効に使おうというようになるということです。
無意識に請け負った金額イコール売上高を下げたくないという気持ちになります。

委託者の心理

もう一つは、反対に工事などを頼む方の心理ですが、家の改築などという場合、結構大きな金額になるので、その影響に惑わされるということです。
普段の生活においては、10万円という金額は大きなものという認識ですが、工事費用が1千万円であったりすると、1%程度のことですから、相対的に「ついでに」とか「この際だから」に乗りやすくなっているということなのです。
こうした心理になりやすいということを自覚して、コストダウンのための工夫をすることが大切です。

 
 

工事内容の詳細を確認

工事内容の明細を確認

リフォーム業者選びのポイントとしては、工事内容の明細を確認して、責任者がしっかりと記載されていること、項目別に料金がわかりやすく記載されていること、工事にかかる人員や期日というものがわかりやすく記載されていることなどがあります。

  • 責任者がしっかりと記載されていること
  • 項目別に料金がわかりやすく記載されていること
  • 工事にかかる人員や期日というものがわかりやすく記載されていること

 
 

責任者記載の有無

まず大切なのが、責任者記載です。
だれがこのリフォーム工事の責任なのかが明記されていないと、責任の所在が不明確なので、いい加減な工事をしかねないわけです。
今の公務員の仕事などを想像するとわかりやすいでしょう。
責任の所在が不明確だと、人は何でも適当にしてしまいます。
反対に責任が明確だと、その責任を全うすることになります。
何故なら、何かあった時の責任はその人がとることになるのですから、半端な仕事は出来ないということになります。
ですから、まずは、責任が誰にあるのかを明確に説明してもらうといいでしょう。
このこと一つでもいいリフォーム業者とそうでないところとでは違いが出てきます。
 
 

工事内容と費用というものが明確になっていること

そして、工事内容がリストなどでわかりやすく記載されていて、それぞれの費用というものが明確になっているところもポイントです。
分からないところや、ごまかしたいところがあるところは、それを記載しません。
ですが、ちゃんと記載があるところはちゃんとした仕事をする可能性が高いのです。

▲ページトップに戻る